|admin|RSS1.0|Atom0.3|
!!嵐!!TEAM NACS!!の記事を中心に更新しています。
記事に共感してくださった方、興味を持ってくださった方、趣味が同じ方ほか。
訪問&コメントばっち来いです。

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

:-::
| | - | - | |

♯ まほうのことば。

2012年おめでとう!
今年も細々と、ブログの更新がんばるよ(^v^)

さて、2012年最初の更新です。

「嵐さん、2011年はお疲れ様でした。」

「2012年も、お世話になります。」

もうね、年末年始はあっちやこっちやに大変でしたよ。うれしい悲鳴ですよ。


大みそかは、大勢でパーッとパーティーやなんやをやっていたので、

残念ながら、嵐さんと同じ時間を共有できなかったのですが、

何回かに分けて紅白歌合戦も見終えました。


ディズニーキャラクターとの夢の共演。
すてきでした。

「明日をうたおう」
今回の紅白のテーマに、実は一番しっくりくるのがこの、ディズニーとの共演だったんじゃないか。
そんな風に思ったコーナーでした。

「夢」「希望」「明日」。

そんな言葉がぴったり似合う、きらきら楽しいステージでした。

嵐さんもきらきらしてたよ。


そして櫻井さんの伴奏がすてきだった「ふるさと」。

なんかね、

一所懸命歌う嵐さんに、

ただただ、感動したよ。

「けなげ」

そんな言葉が頭に浮かんだ1曲でした。

みんなの大切な「ふるさと」が、

今日も「そのまま」大切な場所でありますように。

そんなことを考えながら、私の心にあるふるさとを思っていました。

すてきなメッセージでした。

心に響きました。


紅白の間に何度も嵐さんを見る機会はあったけど、

一番緊張するのは、やっぱり

「嵐」として出場する「本番」。


「迷宮ラブソング」はもちろん楽しみにしていたけど、

「果てない空」を歌ってくれて、本当に良かったよ。

嵐さんが歌う背景に映し出されていた、まさに「果てない空」の映像に、

全部を抱きしめてくれる、暖かさを感じたよ。


「もう泣かなくていいよ。だって、僕らはありったけの涙を流したじゃないか。」

最近、

雪の合間に広がる空を見上げると、そんな声が聞こえる気がする。

そんな感覚に似ていました。


映像とのコラボ?には単純に

「嵐、かっけーーーー!」って大興奮だったよ。

私的「リピポイント」です。


最後のまおちゃんの涙にも感動したし、

嵐さんの司会も、前年と比べだいぶゆっくり見ることができたし。

とってもいい、年の終わりだったな、と思います。

ありがとうございました。




JUGEMテーマ:
:嵐(歌と歌番組)::
| 20:17 | comments(0) | - | |

♯ がんばっているきみがすき。

今夜のvs嵐。

純粋に、今、このタイミングでこういうことをやってくれるのってうれしいんですよね。

別に、何かを否定しようとしているわけじゃないけど、

時の流れがたくさんの傷を癒すみたいに、いろんな感情も忘れさせてくれるから。

だから、

嵐の番組で「今」こういう企画をしてくれることの意味は大きいよ。


ありがとうございます。


客席で楽しそうに笑うお客さんの顔を見て、

私もきっと同じ顔してたな。


ほんとに、

明日からがんばろう。

って思うんだ。

今回のvs嵐に限らずね。

嵐の人達が面白そうに、楽しそうにわきゃわきゃしてる様子を見ると、

あー、来週までがんばろーって。

「生きる力?」

って言ったら大げさになってしまうけど、楽しそうだけど、真剣な。ふざけてるけど、ちゃんと回り見て動いてる。

そんな「健気」な5人を見て、

私もやることやんなきゃなーって思うのです。

嵐って言う、半分夢みたいなキラキラした世界で生きる5人を見て、

私が生きる現実を、頑張ろうって思う。

そんな毎週、毎日の繰り返しがあって、

2011年もまもなく終わろうとしてるんだなーって、ちょっと感慨にふけってみる。

だからね、今日のvs嵐はね、

すごく、すごく、本当に、ステキな企画だったと思う。

ほんの何時間かの「夢の時間」。


1時間。

たとえば、一週間に一度だけ、たった一時間。

夢の世界と、現実の世界が交差するときがあって、

時計の長針と短針が交わる一瞬のように、何気ない一瞬なのだけど、

現実の世界に生きる人にとってその一瞬は、ご飯を食べるのと同じくらい、

大切な大切な一瞬なんです。


「夢」は「嵐」。

「嵐」は「明日」。

:嵐(バラエティ)::
| 19:51 | comments(0) | - | |

♯ まいにちあらし

毎度お久しぶりです。

・・・という毎度お馴染みな前置きをするのすらうっとうしくなってしまっています。ショーリさんです。

嵐さんの話題をブログに書き起こし始めて、早6年。

当時生まれた赤ん坊がすっかりランドセルを背負うまでに成長してしまうという、
なんだかものすごい年月なわけですが、

あいも変わらず、


嵐ファン。


今日は、5×10の嵐MV集を大音量で流しながらの、在宅勤務。

お仕事中です。


大野さんが31歳という年齢をむかえ、

嵐さんが13年目を歩みだしたように、

私も年を重ね、

お肌の曲がり角を何とか引き伸ばしてやろうと試行錯誤しながら、

毎日、毎日を平凡ながらも「らしく」生きているわけですが、

本当に、日々目にする嵐さんに、癒され、励まされ、「これじゃダメだ!」と思わされ、

「もっと頑張ろう」のエネルギーをいただいているわけです。

ここ数ヶ月は、

CMの契約数も信じられないくらいに増えに増え、

「嵐を見ない日はない」

という「夢」が現実になっている毎日。


思えば、私が本格的に嵐さんを応援し始めたときには、

CM契約数はほぼゼロ。

持っているレギュラー番組は深夜1本、お昼1本(エリア限定)。


ワイドショーに取り上げられることがあった日にはまさにその日一日が「お祭り騒ぎ」。

のような日常でした。


「こんなCMに出てくれたらな…あんな番組を嵐がやってくれていたらな…」


と夢見て妄想していたことたちが、


まさに今、現実になって、

忙しくも幸せな毎日を送れています。

ありがとう。嬉しいです。



でもね、


私が嬉しいのは、

彼らの仕事が増えたことじゃない。


あの頃と周りの状況は変わっても、

「わーすごいことなってんなー」

ってなんだか、相変わらずのゆるゆる雰囲気の似合う嵐さん。

あなた方5人の「そのまま」があるから。


もちろん、5人5様、年を重ね、経験を重ね、

成長を繰り返しているのは誰の目にも明らかだけど、


そんな中でも、

彼らが

5人で笑ってくれること。


そんな「奇跡」が、口には出さないけど、毎日嬉しいんだ。


12年前から今まで、


「5人で1番になろう」のその目標に向かって走り続けてきた嵐。


「5人でトップになろう」

大切なのは、

「トップになる」って所じゃなくて、

「5人で」

ってトコなんだよね。

相葉さん。


「5人で」


「この5人で。」


このコトバは今、


他のどんな言葉よりも大切だよ。


1999年のあの日から、

今までずっと、

嵐が、あなたがた5人であり続けてくれたことを、

本当に幸せに思います。


正直、平穏な嵐の中に流れる空気の中に、

私は何度か、「5人が5人でなくなってしまう」という恐怖を感じたことが数度あります。


たとえば数年前、二宮さんはその「役者的活躍」を取り沙汰されるあまり、「嵐じゃなければ…」なんてもてはやされたことがありました。

もちろん、そんな一時の「ムーブメント」で調子に乗るような彼じゃないことは知っていたし、自分の実力や、あるべき姿というものをわきまえている方だったので、

あまり気にはしませんでしたが、

はっきりとあの時一瞬、私は、

嵐が、5人でなくなってしまうかも知れない恐怖を感じました。


そんなとき、私に出来たのは「願うこと」ではなく「信じること」。それだけでした。


彼らひとり一人の決断を信じること。

もちろんそれがどんな決断であっても。


「信じることが全て。」


というと、大げさかも知れないけれど、

そうして、何かあるたび私はその恐怖を「信じること」で打ち消して、

週に1度か2度の嵐さん5人の番組を見て「あぁ良かった」と安心する。


「今日も、あの人達は、5人だ。」って。


「グループ」っていう単位の団体自体が、社会の中で異彩を放って、その定義もあいまいなまま、それでもテレビの向こうに確かに存在してることを信じて。

「家族」でも「友達」でもない

「グループとしての嵐」を応援するのは、かなりパワーが要りますよ。


血縁関係にもなければ、契約書が歴然と存在しているともはっきりわからない「あいまいすぎるつながり」。
こんなに不安定なつながりってないよ。


いつ、そのつながりが消滅したって、だれも文句言えないよ。

そんな、

あるいみ「テキトー」な関係を

12年。

12年間、「維持」し続けてくれた彼ら5人に、


私は今頭が上がらない。


あなた方が、5人でいてくれたから。

5人の嵐でいてくれて、幸運なことに、メディア媒体を通してあなた方の活躍をしっかりこの目に、この耳に焼き付けることが出来た。



あなた方がいなければ、

私は、今の私にはなれていないよ。


ありがとう。

これまでも、これからも。


ジャニーズというこれまたよくわからない組織の中にあって、

いろいろなグループが今、いろんな岐路にたたされていることは私にもわかるのだけど、


もしも、

何か、


重大な何かがあって、


5人が、5人でいれない。

そんな決断を下す日が、万が一にも来ることがあったら、


私はきっと、泣きます。


社会人として、あってはならないことかもしれないけど、

仕事も手に付かなくなっちゃうだろーなー。

もうそうなったら、人間失格レベルだけど、

何日かは、あなた方のためにだけ涙を流し続けるかもしれない。


でも、


でもね、

生半可な気持ちで、離れるだの、くっつくだのをしないあなた方を信じてきたから。
他の4人のことを大切に考えるあなた方を知ってきたから。


もし、本当に、あなた方が決めたその「決断」なら、


私は未来永劫、その決断を信じ続けるよ。


これが一番いい形。

そう、あなた方が口をそろえて言うのなら、

私は、それを、よろこんで応援するよ。

たとえ、世界中を敵に回してもね。


もともと、「ユーたち」っつって根拠もなにもあったもんじゃない状況の中で生まれた
嵐というグループだから、いつだって、その消滅は疑っていかなきゃいけないんだよね。


12年もあんな仲良しップリ見せ付けられると、忘れがちだけど、

いつも感謝しなきゃいけないんだよね。

ありがとう。

いつか来るだろうそのときにも

迷わずあなた方を応援できると言い切れる。

そんな風に思わせてくれて、ありがとう。

信じさせてくれて。ありがとう。


この場所は、嵐さんについてを好きなだけ語る場所だから、
他の特定のグループについて、具体的に言及することはしたくないけど、


みんな生きてりゃいろんなこと考えるもんね。

自分の将来のこと考える人、かっこいいと思う。
なんにも考えないで、ふらふらーっとなるようにしかならないって、何もしてない人がいる中で、若いうちからいろいろ考えてるの、すごいって思う。

去るほうも、去られるほうも。
それぞれの決断を応援する人達も。


でもね、今ふと想像してしまったのは、

きっと、自分が「ここ」を離れなきゃいけないかもって考えても、
他の4人のこと考えて、もう分けわかんなくなっちゃう。

そして、離れる決断をした誰かを、本当は引き止めたいけど、
その誰かのこと考えて、笑顔でばいばいしちゃう。

嵐の「らしさ」はそこなのかも知れないなーって。


まぁ、いつくるかもわからない「いつか」の「もしも」を考えてああだこうだと、たかだかイファンが考えるのは、無意味なことだから、

今は今ある幸せを噛み締めて、
5人の奇跡を肌に感じながら、感謝しながら。

今日も私は、13年目の嵐、5人を応援し続けていきます。

…ので、なにとぞよろしくお願いします…ね?

:::
| 00:22 | comments(0) | - | |

♯ ほっこり嵐、久しぶり。

先週の土曜日、嵐にしやがれ見て、

嵐さんの褒めあいっこに「ひゃーー」ってなったの、私だけじゃないはずです。

最近は記事にしてなかったですけど、

嵐さんの「仲良しひゃーー」ポイントがあるたびに、

やっぱりいつも「ひゃーー」ってなるんですけど、

この土曜日の嵐にしやがれの「ひゃーー」ポイントは、振りかぶりすぎて、特筆せずにはいられなーい。

「じゃんけんポイポイ」→からの→「ほめ殺し」。

出た。

久々に瞬殺くらったぜい。

嵐さんの、

「俺らを褒めさせたら、俺らの右に出るやつはいねえ」

ばりの、恥ずかしげもない褒めあいっこ。

んーーーん。

たまらーーん。

特に、

きっと私のごひいきペアだったのもあるのでしょうが、

「和」→「潤」

の「褒めライン」

もう・・・

あんたらの「仲良し加減」、絶妙っ!!

なんというか、

二宮さん&松本さんって、

嵐の中でのキャラクターって両極で、

勝手に想像するに、服とか音楽とかの思考も両極っぽい。いや、あくまで「想像するに」だけど・・・

必要以上にべたべたし合う中でもなければ(ここでいう「必要以上にべたべた」の例は一昔前の大野さん&二宮さんカポーのこと。)

2人がお話するシーンに出くわす確立も、比較的少なめ。


でもだけど、



お前らぜって仲良しだろっ!!!


っていうポイントがマニアックレベルで散在!!!


この、「ぐっじょぶな世界観」。

たまらん!



しかも年下2人っていうね。


5人の中で群を抜いて態度でかい(オイコラ)2人が、

タメ同士の年少さん。


もう、この事実でごはん3倍!・・・はごめん、言いすぎだけど。

でもそれくらい、

楽しめる(はーと)

この2人のお食事行ったエピソードとか、電話したエピソードが、

いちいちツボ。

そして今回の「和」→「潤」の褒めネタが

「電話の時・・・」って・・・


普通に、

「ひゃーー」ってなるよね。

そのひのうちに4〜5回にわたってピンポイントでリピート再生したことは言うまでもないよね。

まぁ、言っちゃったけどさっ(ははっ)


もちろん、「翔」→「雅」のラインにもガッツリハートつかまれて、

土曜の夜に、久々、「やっぱ嵐さん、これだからいいよな」って幸せな時間噛み締めてみました。



あ、大野さんのまさかの「目がいい×2」に触れていないのは意図的だよ。計画的だよ。

大野智のご利用は計画的に。だよ。


よろしくね。


JUGEMテーマ:
 
:嵐(バラエティ)::
| 23:09 | comments(0) | - | |

♯ KOKURITSU

国立!

真っ最中!

台風の影響もあって、今日が初日!

今回は参加できませんでしたが、皆さんが楽しめていますように!

嵐にしやがれをたのしみに、今日は実家で夏休みぃ♪

:::
| 20:21 | comments(0) | - | |
| 1/106PAGES | >>
≡CALENDAR ×
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≡SELECTED ENTRIES ×
≡COMMENTS ×
≡RECOMMEND ×

 The Tropic of ROUTE 66 

  

 TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ 

  

 We Love HOLGA―きまぐれトイカメラの使い方 

  

 母なる道 ルート66フォトレーション 

  

 ふたりのロッテ 

  

 モンスターズ・インク [DVD] 

  

 アシュリー ~All About Ashley~ 

  

 アンティークゴールドピューターとレザーで作るアクセサリー 

  

 ピーナッツ プレミアム・エディション 

  

 銀のエンゼル 

  

 ユナイテッド93 

  

 ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション 

  

 パッチ・アダムス 

 改めて知った、笑うことって、とっても大切なんだなって。 

 LOOSER 失い続けてしまうアルバム [DVD] 

  

 亡国のイージス コレクターズBOX (初回限定生産) 

 本当の平和ってなんだろう...ストーリーもさることながら、役者さんがすごい!! 

 アバウト・ア・ボーイ 

 父親と息子の絆を描く、王道中の王道。笑って泣けるヒューマンドラマです。 

 One(通常盤) 

  

 大人の写真。子供の写真。 

 何かを失ったと感じた時にひっそりと...<br />
心にあいた穴を埋めてくれます。 

 オールド・ルーキー 

  
≡ABOUT≡
≡world*wide≡
* * * * * * *
* * * * * * *
≡sodateru?≡
≡arashi*life≡